山口県:萩焼風鈴

山口県:萩焼風鈴

【全国47都道府県の風鈴特集48 山口県:萩焼風鈴】

萩焼は山口県萩市一帯で焼かれ、古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきたことで知られる焼き物です。萩焼の特徴は原料に用いられる陶土とそれに混ぜる釉薬の具合によって生じる「貫入」と使い込むことによって生じる「七化け」があります。貫入とは器の表面の釉薬がひび割れたような状態になることで、七化けとはその貫入が原因で、長年使い込むとそこにお茶やお酒が浸透し、器表面の色が適当に変化し、枯れた味わいを見せることです。素地の色を生かすため、模様は地味ですが根強いファンがいます。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)